iPhoneの初期モデルがもたらした変革

iPhone6とは

iPhone 6が発売される頃になると、Appleストアにできる行列も風物詩のようになってくる程、iPhoneは日本人の日常生活に浸透していました。日本では、2014年9月12日16:01から予約が開始されました。iPhone 6では、ソフトバンク、docomo、auの他にApple StoreではSIMフリー版も購入することができました。

iPhone 6では、ディスプレイサイズが4.7インチまで拡大され、よりキレイで繊細な表現ができるRetina HD displaysが搭載されました。大型化されはしましたが、iPhone 5sよりも薄くなっていたり、バッテリー持続時間も長くなりました。この、4.7インチというサイズは、非常に世界中で好評で、この後のモデルにも多く採用されました。

価格も16GBが67,800円、64GBが79,800円となり、前モデルのiPhone 5Sよりもリーズナブルになりました。また、iPhone 6から128GBモデルが登場し、89,800円での販売となりました。 iPhone 6には、大型モデルのiPhone 6 Plusが登場しiPhone初の5.5インチモデルの発売となりました。5.5インチの実際のサイズは、1,920 x 1,080となり、iPhone 6の4.7インチサイズの1,334 x 750と比べかなり大きな画面になりました。