iPhoneの初期モデルがもたらした変革

iPhone5とは

iPhone 5が発売される頃になると、世界中でiPhoneを愛用している方で溢れてきました。当時はiPhoneを持っていることがオシャレと思われていましたし、一度iPhoneを使用してしまえば、以前のフィーチャーフォンに戻ろうなどという気にならないほど、完成されたアイテムでした。iPhoneを使っていると徐々にバッテリーの消費は激しくなります。特に当時のiPhoneに搭載されていたバッテリーは、現在使われているバッテリーよりも程度の悪い物でしたので、劣化する速度が速かったので、新しいiPhoneが発売されるのを心待ちにしていた方も多くいました。

iPhone 5は、2012年9月21日に多くの方に待ち望まれる形で発売されました。iPhone 5は、iPhone 4Sの3.5インチから4インチになったことで、横幅はそのままながら、縦に伸びたスタイルになりました。大型化しましたが、厚みが18パーセント薄くなったことにより、20パーセント程度軽くなりました。4インチ程度でしたら、手の小さな女性でも十分に扱える大きさですので、大型化による弊害は生じませんでした。iPhone 5からLightningコネクタが導入されたり、Apple独自のマップなどが搭載されるなど話題となりました。