iPhoneの初期モデルがもたらした変革

iPhone4とは

iPhone 3Gの大ヒットにより、徐々に日本国内でもiPhoneを見かけるようになりました。その後iPhone 3GSが発売され、より多くの方が、これまでのNOKIAやBlackBerryなどのスマートフォンではない、操作しやすいオシャレなスマートフォンに興味を持ち始めました。

そんな風潮の中でiPhone 3Gの後続モデルであるiPhone 4が2010年6月24日に発売が開始されました。iPhone 4は、ホワイトとブラックでの発売が予定されておりましたが、ホワイトのモデルは発売を延期されました。当初の発表では、2010年7月末の入荷予定でしたが、その後の発表で2010年内に変更され、2011年の春に変更されました。実際に発売されたのは2011年の4月28日ですから、ブラックモデルが発売されてから10ヶ月以上が経過してしまったことになります。

iPhone 4のスペックは、3.5インチRetinaディスプレイ、500万画素8メガピクセルカメラ、連続待受時間が最大200時間、通話時間が3Gで最大8時間と、前モデルのiPhone 3GSよりも確実にスペックが高くなりました。iPhone 4Gからはauでも購入することが可能となりました。