iPhoneの初期モデルがもたらした変革

iPhone3Gとは

初代iPhoneが大きなニュースとなったAppleは、次の後続モデルの開発をすすめました。初代のiPhoneが発売された一年後の2008年7月11日に、iPhone 3Gは発売されます。このiPhone 3Gは、日本国内でも発売されることになり、ようやく日本国内でiPhoneを使用することができる土壌が整ったことになります。

iPhone 3Gが発売される当初は、iPhoneを発売できるのは、一つの国で一社と決められておりました。日本国内では、ソフトバンクが独占販売の権利を持ちました。当時のソフトバンクは、docomoやauと比べて契約者数が少なく、大きく差を開けられておりました。しかし、iPhoneの独占販売が決まったことにより、徐々に契約者数を増やし始め、肩を並べるまでに至りました。

iPhone 3Gは、初代のiPhoneにはなかったコピー・アンド・ペースト機能やBluetoothのステレオモード、MMS、そしてオーディオ再生だけなら最大で24時間も使用できる当時は画期的だったバッテリーを搭載しておりました。また、初代のiPhoneよりも大幅な値下げが行われ、8GBモデルが2万3040円、16GBモデルが3万4560円とお求めやすい価格帯での販売となりました。