iPhoneの初期モデルがもたらした変革

初代iPhoneとは

初代のiPhoneは、これまでのスマートフォンとはかけ離れたデザイン、操作性をしておりました。これまでのスマートフォンでは、物理キーがデフォルトであったのに対して、初代iPhoneではマルチタッチパネルを採用しておりました。一般的なタッチパネルが、一つの指でしか操作できなかったのに対して、iPhoneのマルチタッチパネルは、複数の指で操作することによって、バリエーション豊かな操作性を実現しました。この画期的なアイデアは、スティーブ・ジョブズの言う通り、まさしくアップルは電話を再発明したと言えます。

非常にセンセーショナルな発表の影響からか、初代iPhoneの発売日となった2007年6月29日は、発売されるAT&T直営店やApple Storeの周りには1,000人を超す行列ができていました。日本では、初代iPhoneが発売された2007年6月29日には、そのような騒動は起こりませんでした。初代iPhoneは、通信規格の関係で日本国内において使用することができなかったのです。iPhoneの熱狂を対岸の火事のように遠くから見守るだけだった日本では、まだまだスマートフォンは、ビジネスマンのための物といった認識が強く、フィーチャーフォンを大半の方が愛用していました。