iPhoneの初期モデルがもたらした変革

iPhoneの偉業

iPhoneは、日本人の生活を大きく変えるきっかけをつくりました。もちろんiPhoneではなくAndroid系のスマートフォンを愛用されている方も増えておりますが、それでもスマートフォンを使うような文化が定着したのは、iPhoneが日本に上陸してからのことです。

iPhoneが日本に定着する前の携帯電話は、フィーチャーフォンなどがメインで、外資系の企業に勤めている方であったり、IT系の会社に勤めているような方以外はスマートフォンを使用しておりませんでした。当時はフィーチャーフォンなどでは、パソコンで表示されるようなWebページを表示することはできませんでした。その為、それぞれの会社ごとにフィーチャーフォン用のサイトページを作らなければいけませんでした。

また、iPhoneが発売する前のスマートフォンは、現在のようなスマートフォンではなく、とにかく使いにくいことで知られていました。タッチパネルではなく、小さな物理キーで文章を入力しなければいけなかったり、インターネットに接続しても、中々表示されなかったりと不自由が多いスマートフォンでした。

iPhoneが登場して以来、物理キー使用のスマートフォンは数を減らしていきましたし、デザインの優れたスマートフォンが多く登場するようになりました。Android系のスマートフォンで主流となっているSAMSUNGのGalaxyシリーズやHUAWEIのスマートフォンなども、少なからずiPhoneの影響を受けています。


〈関連リンクの紹介〉
今でこそiPhoneの性能は高く、iPhoneの寿命自体も長くなってきています。しかし、だいたい1年半~2年ほど使い続けているとバッテリー持ちが悪くなることが多いので、不具合などが出てきたらバッテリー交換を行うと良いです ⇒ iPhone バッテリー交換